So-net無料ブログ作成

レーザースキャナで海底調査 [ 海底調査]

マイナビニュースで興味深い記事を発見。
 
 
2Dのレーザースキャナー(アナログ)にはうちのソフトは
10年近く前からインターフェイスしていて、僕も何度か
調査に参加したことがある。
でも、こちらのような3Dのシステムだと立体図が描ける
からいいよね。
 
ちなみにここではソナーよりスゴイようなことを言っているけど、
測深性能で比べるとレーザーがソナーより優れているか
どうかはちょっと疑問。最近のソナー は高性能なので5mぐらいの
高度なら解像度5cmぐらいはイケるでしょ。
しかもレーザーよりカバーする範囲が広いし、海水の透明度にも
左右されにくいから ソナーの方が効率的ではないかと思う。

ただ、レーザーのスゴイところは画像の解像度の高さと目で
見たのと同じように描けること。ソナーの場合、音響画像なので
物体の形状や硬度による反響強度の違いを描画するため、
目で見たものとは違う場合もある。
例えば、レーザーでは沈船の船体に描かれた 文字とかも
ちゃんと読めちゃう。
この点では記事の通り、カメラよりも遠い距離を広範囲にカバー
できて、ソナーよりもはるかにハッキリとした描画ができる
レーザースキャナーは価値がある。
ぜひ、うちでインターフェイスしたいな~。
 

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。