So-net無料ブログ作成

久々のBoat Day [ 海底調査]

今日はボートデーでハワイカイのココマリーナにやって来た。
う~ん、いい天気。最高の海日和だ。
 
boat_day_030713-00.jpg
 
うちは海底地形図を作るソフトを開発・販売する会社なんだけど
そこら辺の調査会社よりもよっぽど設備が整っている。
ソフトをテストするために各種ソナー、GPS、動揺センサーなど
機器一通りに加えて、ボートも10mのMonohaul (単胴船)と
8mのカタマランの2隻所有している。
 
boat_day_030713-01.jpg
 
こちらがカタマランのTomCat
150馬力のツインエンジンなのでパワフル!
 
boat_day_030713-02.jpg
 
ロゴも入ってカッコイイ♪
 
boat_day_030713-04.jpg
 
今日のテストのメインはこちらのImagenex社製Delta-T
浅海用ナローマルチビームソナー(測深機)。
水深を正確に測定するタイプのソナーだ。

来週、韓国から代理店の社員さんがトレーニングを受けに
やって来るので、カナダのImagenex社から貸し出して
もらったものだ。そのトレーニングを僕が担当するので
事前に問題なくソナーとソフトが動くことをチェックするわけ。
 
boat_day_030713-03.jpg
 
ドックでのチェックを問題なく終え、意気揚々とマリーナから
外海へと出かけていったのだけれど。。。
 
今日の海上試験は最悪だった。
 
まずはDelta Tに問題があることが発覚。
オフィスやドックでの接続試験では問題なかったのに、
海上ではデータの流れが止まる。
これはおそらくケーブルに問題ありかと。。。
明日なんとかして原因追求しなければ。
 
そして、久々のボートだったせいか船酔いになって吐くし。(;´д`)トホホ…
酔い止め飲んどけば良かった。。。
 
さらに、もっと深刻な問題が!
 
今日は自社所有のR2Sonic社製System 2024という
マルチビームソナーもDelta-Tとの比較のためにテストした。
2024はDelta-Tよりはるかに大きくて重い。
でも、マウント(艤装用のポール)は2024にカスタムメイドして
もらったもの。
 
それなのに、調査中、突如、ガコンっ!! と大きな音を
立ててマウントが折れた!! ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
 
幸い船酔い中だった僕が後部デッキにいたため、すぐにソナーと
船とを結んであったセーフティロープを掴んだので、1,500万円の
ソナーが海底に沈んでしまうという最悪の事態だけは避けられた。
吐いた後だったので、素早く動くことができたね。笑
 
実は、このマウントが壊れたのって二度目なんだよね。
マウントを作ってもらった会社にはちゃんと負荷に耐えられる
強度を計算してもらっているはずなのに。
これは向こうの過失ですな。
もしくはデザインを根本から見直す必要があるか。。。
 
とにかく、マウントが壊れてしまったので、このボートは来週の
トレーニングで使えない。
というわけで、明日またもう一つのボートTritonが使えるか
テストしなきゃ。orz
明日は船乗る前にちゃんと酔い止め飲んでおこうっと。 
 

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。