So-net無料ブログ作成

ソナーで人体を探知することができるか? [ 海底調査]

今日もまたまたソナーのテストでやって来ましたココマリーナ。
 
boat_day_032113-01.jpg
 
今日のソナーはBlueView社のForward Looking Sonar (FLS)
P450とP900-2250 Dual Frequencyのダブルマウント。
2Dマルチビームタイプの前方監視ソナーだ。
 
boat_day_032113-02.jpg
 
このソナーはポールに取付けて水中に入れれば、サーチライトの
ように前方を見ることができるので、警察や消防が溺死した人など
を探すときに、簡単に使えるという期待が持たれている。
今日はその実証実験をしてみようというわけだ。
 
今日の死体役の社長さんです。
 
boat_day_032113-03.jpg
 
果たしてFLSで人体を探知することはできるのか?
 
boat_day_032113-04.jpg
 
こんな感じ。
分かる人には分かるかな?
 
これは2.25MHzの高周波の音波を使うP2250のデータで、
胎児の超音波検診で使うのと同じくらいの周波数である。
これなら探知できるけど、高周波になる分、あまり遠くまで
届かない(最大8mまで)から、浅い港湾や河川などの調査
でないとちょっと厳しいかな。
 
ちなみに、ダイバーとして動いてるとかなりはっきり探知
できるので、テロ対策としては使いようがあるかもね。
ま、それでもやはりレンジが限られてるのがネックだけどね。
 
今日はなかなか面白い実験ができたな。
 

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。