So-net無料ブログ作成

エレクトラ発見はデマかも!? [ 海底調査]

昨日話したアメリア・イアハートの飛行機捜索調査のデータ処理
&レポート作成が完了した。ついつい集中して23時ごろまで
残業してしまったよ。(^^;;;

結果から話すと、TIGHARの解析レポートにある『イアハートの
飛行機エレクトラの胴体の大きさに適合する人工物らしき物体』
というのは、そもそもソナーデータの解釈間違いだ。

レポートやCNNに出ていた画像を見ると、あたかも胴体が折れてる
ように見えるんだけどね。これはAUVによるソナーデータ集録時に
問題があったためであることがデータ解析で発覚。
 
AUV内のコンピュータのせいか、ソフトウェアのせいか、はたまた
設定によるものか理由は分からないけど、一定間隔で音波を
送受信して記録するところを、記録ができていない部分があるのだ。
"ping drop"と呼ばれるデータ抜けの状態だ。

しかも、それが音波の送受信が5~10回行われるたびに、
その半分から同等数の抜けがあるではないか。
つまり、このデータをマッピングしても連続的な海底画像が描けず、
横断歩道のような縞々状になってしまうということ。
 
調査隊が『胴体が折れている』と勘違いしたのは、彼らが使った
解析ソフトが、データ抜けを正しく認識できず、抜けを飛ばして
その前後のデータを繋ぎ合わせてしまったために、そのように
見えてしまっただけである。
 
データ抜けを踏まえた上でマッピングす ると、このターゲットは
どこにも「折れ」のない直線的なものであると推測できる。
おそらくはサンゴや岩、または砂紋?ではないか。。。
まだ完全に否定はできないけれど。

なんにせよ、これは、データ抜けに気づかなかった調査会社に
問題アリだよね。まぁ、そもそもの問題はAUVの機械的なものか、
ソナーの集録ソフトか、もしくは単純な設定ミスか。。。
ここははっきりさせたほうがいいと思うので、解析レポートを調査に
関わった各社に見てもらいたいね。
もしかしたら、これがキッカケでうちのソフトの株が上がったり、
今後の調査にソナーデータ解析エキスパートとしてお呼びが
かかっちゃったりするか も!?ウヘヘ。


 
家に帰ると、ニャンニャン啼くトラにご飯をあげてコアトレ。
55分で完了!ペース上がって来たよ〜!

そしてご飯は


 
野菜スープとご飯に冷凍シュウマイ。
寂しいけどもう夜中なので。。。

ちなみに今日のお昼はルクエでウニクリームパスタ♪


 
無印の混ぜるだけパスタソース、けっこうイケるよね〜。
 
 
ランキング参加中。応援よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ  
 

nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。