So-net無料ブログ作成

ホノルル動物園フォトツアー [ ハワイで遊ぶ]


昨日の「デジイチ水中写真」の記事にもたくさんのコメントありがとうございました!
これからも「さすがはハワイの海!」とうなるような写真が撮れるようがんばります!

さて、今日はさらに写真満載でハワイ情報をお届けします。ページが重かったらごめんなさい!

以前、アダルトスクール(日本でいうカルチャースクールのようなものかな?)で写真のクラスを取っていた。そのクラスの撮影会でホノルル動物園へ行ったことがある。しかも開園前の誰もいない動物園に無料で入れるという のだからラッキーだ。


#####  写真はクリックすると大きくなります。  #####


開園前の動物園は静かで、まだ日差しも弱く、散歩するにもとても気持ちが良い。動物たちもなんとなくのんびりとしている感じだった。

こんな風にお日様に当たって日向ぼっこしている動物もいたりして。。。^^


この子なんか他のサルは元気に飛び回っていたのに、一人で 寂しそうに座り込んでいた。落ち込んでいるのか、それともただ日向ぼっこでもしてるのかな。笑

ホノルル動物園はワイキキの一番ダイヤモンドヘッドより、カパフル通りとカピオラニ公園の間に位置する。ここには、以前一度だけNight Zooのイベントで来たことがあって、昼間のんびりとしている夜行性動物たちが活発に動き回っていることを期待してたのに全然だった。。。^^;

その時は夕方から夜にかけてだったので、限られた動物たちしか 見なかったけれど、こうして日中来てみると、けっこうたくさんの動物たちがいる。まぁ、敷地が狭いだけにここのスペースも当然 狭くなるわけで、かわいそうな気もするけど。
 
動物園の存在価値については、いろいろと疑問を感じる点があって、 生の動物たちに触れることによって得るものは確かに大きいけれど、狭い檻に閉じ込められた動物たちを見ることに果たして本当に 教育価値があるのだろうか、と考えたりもする。動物園の動物たちは 野生下とは違った行動を見せるというし。。。でも、本物の動物をこの目で見るというのは確かに影響力があるんだよね。 久々に動物園に行って、それも感じた。
 
ま、難しい話は置いといて。。。

撮影会は基本的に自由に行われ、自分で好きな被写体を、好きな ように撮ればよいだけだったので、今までクラスで学んだ、光の使い方や被写界深度に気を配りながら撮影してみた。翌週のクラスで批評会をしたときに提出した写真たちを一挙ご紹介!




フラミンゴ。
朱色がとっても美しい。確かフラミンゴの体色ってエサのせいだってどこかで読んだなぁ。




トラ。ゾウ。キリン。動物園にはやはり欠かせない大物トリオだよね。




サイとシマウマ。
シマウマの縞ってまさに自然の芸術って感じだ。



こちらはサル系トリオ。


毛づくろいするメガネザルも。


いかつい顔したゾウガメや怪しい色彩の巨大鳥。


ジュラシックパークに出てきそうな目つきのオオトカゲ。


なんだか面白い顔した二人。

ホノルル動物園
場所:151 Kapahulu Avenue Honolulu, HI 96815

開園時間:9:00-16:30
休園日:元日、クリスマス
入園料:一般(13才以上)$6、子供(6~12才)$1、5才以下は無料
電話: 808-971-7171 (24時間インフォメーション・ライン)
ホームページ(英語):www.honoluluzoo.org


ランキング、もう少しで2位になれるかもしれません。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


『選べる外貨』誕生!   月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!  

  




おかげさまで、現在3位です!!応援、ありがとうございます!!

ハワイから初日の出
2008年1月2日
ハワイも年が明けました
2008年1月1日

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。