So-net無料ブログ作成

またもや回収作業。。。 [  北極海調査]

昨日のトラブルから一転、調査は好調に進んでいた。バートランたちのシフト中も問題なく、また僕らの番になっても順調だった。。。んだけど、今度は天候が崩れてきた。嵐が近づいてきているのだ。あと測線一本で終了というところで、風も波も荒くなってきた。このまま終えられますように、と願ったけれど、あと1時間ぐらいってところで調査打ち切りの指令が下った。くぅ~、残念!しかも、切り上げと言うことは、またまた僕らがストリーマーにソナーなど全部引き上げなきゃいけないじゃないかぁ!!!!またもや肉体労働。。。orz  まぁ、ご飯がおいしくてたくさん食べちゃうから、少しぐらい体を動かしたほうがいいんだけどね。笑
 
そんなわけで、小雨が降り始め、波も少々荒くなってきた中の調査機器の引上げ作業が始まった。まずは地震波探査のエアガンから。これはパブロたち専門家に任せて、僕らはストリーマーの引き上げ。このストリーマー、どうやら500mちょっとあるらしい。それでもまだ短いほうらしいけどね。で、サイドスキャンソナーとマルチビームソナーも引き上げて、完了と。調査再開するときは逆のシフト中に投入も引き上げもやってもらいたいものだ。笑
 
現在調査している海域は油田採掘の候補地のひとつで、水深約40mぐらいの浅い海域。地震波探査による海底地層調査と、僕らが担当するマルチビームとサイドスキャンソナーによる海底調査を行っている。このプロジェクトはGeo Hazard Surveyといって、地質危険度調査とでも訳すのかな。。。ようするに油田採掘するにあたって、採掘船とかの大きな船が入ってくるのに問題がないか(海底に大きな障害物や地形の変化がないか)、採掘するのに問題となる地層が含まれていないかなどを調査しているのだ。数億円規模の調査らしい。それが毎年続いているからすごいものだ。今年で3年契約の最後だけど、大きな問題がない限り、今後もしばらくは続くようだ。うちの会社はこの調査を担当するアラスカの会社(うちのクライアント)から雇われているだけだからそこまでの利益はないけれど、それでもそれなりの利益は得ているはず。少なくとも個人的には調査に行ってるときは手当てなど含めて給料がけっこう増えるので有難いんだよね。やはり調査をするとかなり儲かるみたいだねー。うちも調査部門を正式に作って、コンスタントに調査するようになれば、もっと利益が上がりそうだけど、ハワイに会社があるのは地理的に不利かな。。。地元でもっと調査できればいいけど、あまり需要がないんだよねぇ。メキシコ湾とかアラスカなど石油関連施設の多い場所は調査の需要がかなり高いみたいなんだけど。

どうやら嵐の影響で週末まで波が収まらないらしい。というわけで、しばし休養の日々になりそうかなぁ。

今日の船ご飯 7/29/08 [  北極海調査]

朝食・・・ソーセージ、ローストポテト、フルーツヨーグルト、ドーナッツ
 
ランチ・・・スパゲッティーミートソース、野菜のポタージュ
 
ディナー

ローストサーロインステーキ
イカリング
ニンジン
ブロッコリ


ルバーブ(Rhubarb)とイチゴのパイ

 今まで船で食べたパスタって完全に茹でたものを取り分けていたので、アルデンテとはほど遠いフニャフニャのパスタだったけど、Hughuesは二度茹でしてくれて、しっかりしたパスタを食べさせてくれる。ソースもおいしかった。
 
ルバーブ(リュバーブ)というのはタデ科の多年草で、フキとかセロリのような繊維質の多い野菜なんだけど、これがけっこう甘酸っぱい味を出すため、パイとかジャムなどによく使われるらしい。繊維感のあるルバーブをパイに入れると普通のフルーツとは違った食感が楽しめる。なかなかおいしかった。

深夜のスナック・・・スパゲティミートソースの残り

ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。