So-net無料ブログ作成

今日はミニ講習会 [  BOEプロジェクト]


今日も天候不順のため船は出ず。そんなわけで僕らは相変わらず過去データの処理。

そんな中で今日はGEMSの3人(+大学の教授)にサンプルデータを使ってソフトのミニ講習会をすることになった。GEMSのリーダーのDanは以前はGEMSで一番OICのソフトを使う人だったけど、最近は昇進してあまりデータ処理をしなくなっていた。なので、新しいバージョンは使ったことがない。

で、今GEMSで一番ソナーデータ処理をしている二人のうちの一人がKim。彼女は海洋考古学者。パイプラインやケーブルを海底に設置するときって、そのルート上に歴史的・考古学的に重要性のある場所があってはならないというルールがあるんだって。そこで、調査データを見ながら、たとえば沈没船だったりが見つかったら、そこをどのぐらい避ける必要があるか、などのアドバイスをするのがKimの役目。

彼女とはソフトのサポートやトラブル対処などでよくメールでやり取りしていたので、今回初めて会うのが楽しみだった。すごくフレンドリーでいい感じの人。メールでのやり取りからも分かったけど、すごく頭が切れるので実際に一緒に仕事をするにもやりやすい。

さて、講習会は、Danがいつものようにクライアントから受け取ったデータ処理をするという設定で、ソフトを立ち上げるところから順序だてて説明していく。特に以前のバージョンとの違い、どのように改善されたか、どんな新しい機能が加えられたか、などを丁寧に説明する。

また、GEMSが扱うプロジェクトがどのようなものか、そのためのツールとしてOICのソフトをどのように使うのか、問題点や足りない機能は何か、などをこちらも丁寧に聞く。『モノ作り』の基本なんだろうけど、ユーザーの意見・要望を聞くことは、ソフトを開発するにあたってものすごく重要なんだよね。

今までこうしたいのにうまく出来ない、といった例をいくつか挙げてもらって、そのやり方を説明しながらDanに実演させていく。マニュアルで説明し切れてない部分や、ちょっとした応用やトリックなどを教えると、「おぉ~!!なるほど!!」と歓声が上がることもある。僕らにとって当たり前のことでも、ユーザーにとってはそうじゃないことってホントにいっぱいあるんだよね。だから、講習会というのは本当に有効なのだ。

Danもバージョン2から3へのアップグレードがすごく気に入ったようだ。自分で言うのもなんだけど、ホントにすごく使いやすく、そしてはるかにパワフルになっているからね。これでもっとソフト買ってもらえるかも!?



ブログランキング参加中!応援よろしくです!


ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。