So-net無料ブログ作成

シアトル7日目 シーカヤッキング [  シアトル2008]

今日は今回の旅のハイライトでもあるSan Juan Islandでのシーカヤックの日。昨日はホエールウォッチングに参加できなかったから、今日はオルカに逢えるよう期待満々。。。

フェリー乗り場で待ち合わせをし、バンで島の反対側(西海岸)のSan Juan State Park (キャンプ場)へ。まずはギアの説明。ライフジャケットを身につけ、その上からスプレーデッキというバレーダンサーのTuTuみたいなのを被る。これをカヤックに乗った後で穴をふさぐように被せると水が中に入ってこないわけ。カヤックにはラダーという舵が後ろについていて、二人乗りのカヤックの場合は後ろに座っている人がペダルを左右の足で踏んで舵を取る。パドルの仕方なども簡単に教わった後でいよいよ海に入る。僕は一人での参加だったので、ツアーガイドの一人のMargotとペアを組んだ。

海はべた凪。ここまでべた凪なのは珍しいそうだ。シーカヤックするには(特に初心者には)絶好のコンディションだ。海岸沿いをガイドのSandyがいろいろと説明しながら南へ進む。僕らのカヤックは一番後ろでみんながはぐれないように見ながら進むため、なかなかうまくカヤックを操作できない一組母娘についていたので、あまり説明が聞けなかった。

海岸沿いにはケルプ(昆布)の森がたくさんあった。北米西海岸沿いにあるケルプは種によっては最大100mぐらいになるんだそうだ。しかもその成長の速さといったら目で見えるぐらいに育つのが早いらしい。ケルプの茎の部分は空洞で中にガスが入っていてその浮力で浮いている。このケルプも食べられるんだそうだ。なんとアイスクリームにも入っているとか。

30分か1時間ぐらい?パドリングすると小さな灯台が見えてきた。Lime Kiln Point State Park、通称ホエールウォッチパークだ。ここからオルカがすぐそばに見えることがある。。。のだが、今日は(というか今週はずっと?)オルカの気配がない。(T-T)

ビーチに上陸してランチブレイク。岩場のTide Poolを散策したり、
オルカについての説明なども受けたりして過ごす。その後は、来たルートをオルカや他の野生動物を探しながらパドリング。帰りはパートナー交代で、なかなかうまくパドルできてなかった母娘の母と一緒にカヤックに乗った。行きは海流のおかげで随分と楽だったけれど、帰りは逆行するので、途中けっこう進みにくいときもあった。腕と肩がけっこう疲れた。。。

結局、オルカどころか、アザラシも見当たらなかった。白頭ワシが一羽と海鳥が数種類ぐらいかな。でも、初めてのシーカヤックは楽しかった。ただ、このカヤックツアーはオルカウォッチングを目当てにし過ぎるとがっかりするかもしれない。考えてみれば、カヤックでカバーできる範囲なんてたかが知れてるし、近くに運良くオルカがいなければ、まぁ遭遇できるチャンスは少ないだろう。やはりボートでのウォッチングにも行きたかったなぁ。。。残念。

San Juan島から本土に戻るフェリーを待つ間、今夜の宿を探した。明日はFremont Fairがあるので、なるべくシアトル近辺がいいなぁと思って、駄目元で先週末泊まったホステルに電話をしてみた。そしたらぎりぎりドミトリーのベッドがひとつ空いてるという。というわけで、またまたHostel Seattleにお世話になることに。さてさて、明日はFremontのパレード。かなりビッグなイベントらしいから楽しみだ。^^


ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。