So-net無料ブログ作成

オフィスでセットアップ [  BOEプロジェクト]


NJ入りした翌日、仮設オフィスでのセットアップが始まった。

仮設オフィスっていうからてっきりオフィススペースをレンタルするのかと思ったら、クライアントであるエネルギー会社のオフィスの会議室をプロジェクトのオフィスとして使うということらしい。警察が事件のときに設置する特別捜査本部みたいな感じ?笑
どおりでClarkなんていう、海にぜんぜん近くないところになったわけだ。

今回の調査データ処理&解析チームは、5社9人(後からさらに増えるらしい?)から成り立っている。地質データの処理、および総合的なデータの解釈を担当するGEMS、サイドスキャンデータの処理をOIC(うち)、マルチビームデータの処理をイギリスのNetSurvey、ナビゲーションデータの処理(実際の調査も担当)をFugro GeoScience、ケーブルのレイアウトやGISを担当するのがマサチューセッツの会社。

今回のように複数の会社が参加する調査プロジェクトでは、データハンドリングとかワークフローとか合わせるのが難しいけれど、ほかの会社がどんな風にデータ処理をするのか、競争相手のソフトがどのように動くのか、など学べることが多いのでとても価値がある。(自分のやることで忙しすぎて、周りに目が行かないなんてこともあるかもしれないけど。。。笑)

セッティングは、コンピュータをセットして、ネットワークに繋いで、とかするぐらいなのでたいしたことはない。今回は自分がオフィスで使っている小型高性能PCを持ってきている。バックアップにはクライアントが組んだ超高スペックのワークステーションもある。

準備ができたらさっそくプロジェクトの関連データの解析が始まった。僕は出張前から取り組んでる問題ありありのUSGSの調査データの処理の続き。このデータ、ホントに問題多くて、ソフトに修正まで加えたりしなきゃいけなくて嫌になるよ。実際の調査は火曜日あたりから開始するらしいので、それまではしばらく毎日このデータと格闘だ。(^-^;;;




ブログランキング参加中!応援よろしくです!


ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。